一戸建てに住みたい人の願いを叶えるための法則

地域に向ている住宅

部屋

大きな家が多い地域

南大阪といっても幅広いですが、比較的大きな住宅があるのが特徴になります。南大阪は北大阪に比べると土地が安いのが特徴です。注文住宅を建てる時も、60坪ほどの土地に対して建坪40坪ぐらいの住宅が建っていることが多いです。また、駅前などを除けば家と家の間隔が広くなっているのも特徴です。これは、田んぼの多い田舎ではなく、ある程度人口が多い地域であっても、隣の家と距離を置くことで、日当たりをよくしているのです。ただし、京都市のように景観を損なわないよう制限が多い地域と違い、それほど大きな制限はありません。そういう意味では法律の範囲内で注文住宅を自由に建築することができます。南大阪は、大阪市への通勤エリアでもあるのも大きなメリットと言えます。

高級住宅街

南大阪は、比較的学校が多いのが特徴です。特に堺市を中心として、文教地区を形成している場所も多く、そのため人気がある地域は土地が高くなっています。少し高台の方に行くと、高級住宅街もあります。高台に高級住宅街があるのは、静かな環境を維持することができるからです。高級住宅街で注文住宅を建てる場合は、ほかの地域よりお金のかかった建物を建てなければほかの建物に比べて見劣りがしてしまいます。そういった点も考えながら注文住宅を建築するべきです。西側に行くと海がありますが、海から1キロ程度しか離れていない場所は、塩害に注意をしなければなりません。金属部分はさびやすくなりますので、特殊な塗料を使うことは必要でしょう。